2010年05月06日

<普天間移設>政府案を知事らに説明 首相4日に沖縄訪問(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は30日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、5月4日の沖縄県訪問で仲井真弘多知事や名護市の稲嶺進市長と会談する際、「今の時点での政府の考え方を申し上げたい」と述べ、政府案を説明する考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

 政府が現在検討中の移設案は、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)の沿岸部か沖合に「くい打ち桟橋方式」(QIP)で滑走路を建設するとともに、2500人とされる普天間飛行場の海兵隊航空部隊のうち最大1000人か、訓練の一部を鹿児島県・徳之島に移転する組み合わせ案だ。首相の「海を埋め立てない」との意向に合わせた。徳之島への分散も「県外移転」という首相の意向を尊重したもので、首相は仲井真知事にこうした移設案を示すと見られる。

 また、首相は普天間問題の「5月末決着」について、記者団に「5月末と期限を切っているから、何としても実現させる」と説明した。ただ、「合意」の中身については「細部に関していろいろあるかもしれない」とも述べ、細かい調整が6月以降も続く可能性を示した。【山田夢留、仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:北沢防衛相が首相に省の独自案提出
普天間移設:徳之島案、徳田氏「無理」 首相が具体案説明
普天間移設:米国務次官補が外務省局長と意見交換
普天間移設:鳩山首相、徳之島出身の徳田氏と28日に会談
普天間問題:政府が辺野古修正案 埋め立てず沿岸部か沖合

水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題(産経新聞)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
<商船三井>20億円申告漏れ 9億円追徴(毎日新聞)
鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
posted by ヒラサワ ナオト at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。