2010年05月28日

高級ベーカリーを上海に初出店=アンデルセングループ(時事通信)

 パン製造・販売のアンデルセングループ(広島市)は27日、中国・上海ではグループ初となる新店舗を6月にオープンすると発表した。欧米出身のビジネスマンをターゲットにした高価格帯のパンを販売する。
 価格は、現地で一般的に販売されているパンの約2倍だが、欧州などの「パン食文化圏」の人々が母国で食べ慣れているような本格的なパンを取りそろえたという。ライ麦を使って作る「ライブレッド」や、イースト菌ではなく「サワー種」と言う発酵種を使う「サワーブレッド」など7品目を新店舗の専用商品として新たに開発した。日本で販売している商品に比べ、より伝統的な味わいのパンになっているという。
 新店舗は、上海浦東新区のオフィスビルにある高級スーパーマーケット「City Super 上海 IFC」内。商品は、同グループの千代田工場(広島県北広島町)、秦野工場(神奈川県秦野市)の2工場で生産した冷凍パン生地を使い、上海の店舗内で製造する。 

【関連ニュース】
SMAP公演、入場券配布方法見直し=混乱回避へ日本も要請
留学生が元首相らと蒸し料理体験=大分県別府市〔地域〕
よみがえれ、星空の思い出=投影機、展示保存へ募金活動
世界一トイレは抽選制=日本産業館、鏡開きで幕開け
上海万博にSMAP登場=6月13日、海外初ステージ

日本刀13点、登録美術品に=綱吉、秀吉など所有―文化庁(時事通信)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)
逮捕の73歳女 「介護疲れた」 京都無理心中未遂(産経新聞)
未承認薬開発、来秋にはある程度の実績を―製薬協新会長(医療介護CBニュース)
posted by ヒラサワ ナオト at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

中期目標、福祉事業の売上高倍増―日本医療事務センター(医療介護CBニュース)

 日本医療事務センターは5月21日の決算説明会で、2013年3月期をめどに、介護や保育などを手掛ける「福祉事業」で売上高100億円、営業利益10億円を目指す中期目標を発表した。今年3月期の業績のそれぞれ約2倍、約4倍。2期連続の黒字を受け、「拡大戦略への転換」(荒井純一社長)となる。また、12年2月に東京都台東区に「介護複合ビル」を新設することも明らかにした。

 同社は今年度から3年間で、首都圏や関西圏に介護事業所など130事業所を新規開設する。既存事業所の周辺に通所介護事業所や訪問介護事業所、小規模多機能型居宅介護事業所などを展開するが、グループホームや介護付有料老人ホームなどの入居系サービスも併せて拡充し、利用者に連続してサービスが提供できる体制を構築する。現状で4%にとどまっている入居系サービスの売上高構成比も、約20%にまで引き上げる方針だ。自社での新規開設以外に、「M&A(企業の合併・買収)も視野に入れている」(荒井社長)という。

 また12年2月には、台東区内の自社ビルの跡地に地上9階建ての介護複合ビルを開設する。訪問介護、居宅介護支援、通所介護、小規模多機能、グループホームの各事業所が入る予定で、年内に着工する。

■稼働率向上で営業利益3.3倍
 福祉事業の今年3月期通期の業績は、売上高52億800万円(前期比14.2%増)、営業利益2億5000万円(同3.3倍)だった。営業活動を強化し、訪問介護や通所介護で利用者が増え、稼働率も向上した。昨年3月時点で12あった赤字の事業所も、今年3月時点では3事業所に減った。
 来年3月期の業績予想は、売上高57億1000万円、営業利益1億9000万円。新規に7事業所を開設するほか、既存拠点での稼働率維持・向上で増収を見込むが、事業所の新規開設に向けた先行投資で費用がかさむ見通し。

 同社の今年3月期通期の連結売上高は、前期比9.1%減の583億7600万円だった。売却した調剤薬局事業を連結から除外したことが主な要因。一方、営業利益は10.9%増の24億4800万円。「教育事業」で、雇用環境の悪化に伴って資格取得ニーズが高まり、ホームヘルパー講座や医療事務講座などの受講者数が増えたほか、福祉事業の好調も利益を押し上げた。来年3月期は、売上高593億3000万円、営業利益23億9000万円を見込んでいる。


【関連記事】
介護部門、営業強化で13%の増収―日本医療事務センター4−9月期
有料老人ホーム事業など25%の増収−シップHD
ニチイ学館、介護で初の売上高1千億円突破―今年3月期
ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与
介護事業60%増収、今期デイサービスを13か所新設−ヒューマンHD

1年以上失業114万人=職探し長期化―総務省1〜3月期調査(時事通信)
ボンバル機 レーダー故障(産経新聞)
“橋下派”が初の府議会、議長取りにも意欲(読売新聞)
円高、株急落で対応協議=鳩山首相と菅財務相(時事通信)
渡り廊下走り隊、1000人限定握手会で新メンバーお披露目
posted by ヒラサワ ナオト at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)

 埼玉県狭山市で1963年、女子高校生が殺害された「狭山事件」で無期懲役が確定した石川一雄さん(71)=仮釈放中=の第3次再審請求を巡り、東京高検は13日、石川さんが「自白」した捜査段階の取り調べ録音テープなど36点の証拠を弁護団に開示した。検察側が証拠を開示したのは第2次再審請求中の88年以来、22年ぶり。

 東京高裁が昨年12月、捜査段階の自白で「殺害現場」とされた雑木林で被害者の血痕の有無を調べた捜査報告書など8点の証拠開示を高検に勧告。高検は13日の3者協議で勧告対象外のテープも含めて開示した。

 弁護団によると、開示されたのは、石川さんが自白した63年6月ごろの取り調べ録音テープ9本▽雑木林近くにいたものの、弁護団には「争う声は聞いていない」と証言した男性の供述調書▽石川さんの筆跡が分かる書類4通−−などの証拠。高検は血痕の捜査報告書を「見当たらない」と説明した。

 弁護団は開示された証拠を検討し、9月に開かれる次回協議までに新証拠として高裁に提出したり、追加の開示請求を行う方針。

 会見した石川さんは「まだ隠している証拠があるはず。一日も早く(証人尋問などの)事実調べをして再審開始決定を出してほしい」と話した。石川さんは控訴審段階の64年から一貫して無罪を主張している。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
狭山事件:石川さん支援集会 菅家さんも訴え
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
狭山事件:支援者ら集会−−東京・日比谷

今年最大、400円超の下げ=円高、欧米株下落で全面安−東京株(時事通信)
半導体メーカー 上場時に粉飾疑い 証取委が強制調査(産経新聞)
首相動静(5月14日)(時事通信)
電子雑誌 iPad向けに販売 6月から東京の書店組合(毎日新聞)
谷亮子、トヨタを退社し民主党から参院選へ(レスポンス)
posted by ヒラサワ ナオト at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。