2010年04月19日

超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)

 神戸市の外郭団体「先端医療振興財団」は12日、課長級の男性職員(58)が2008年4月〜09年11月、女性職員(32)に超過勤務時間を過大に報告させて計190時間分の手当31万1000円を受給させていたと発表した。

 財団は男性職員を減給(平均賃金の1日分の半額)、女性職員を戒告の懲戒処分にした。女性は手当を返還する方針。

 発表によると、08年3月、文部科学省から同財団への委託事業に関連して財団が職員を募集し、書類選考や面接をへて、女性の採用を決めた。

 しかし、雇用契約を結ぶ段階になって女性が給与面で難色を示し、採用を担当していた男性職員が独断で月10時間程度の超過勤務手当の水増しを口頭で約束したという。

 昨年12月、文科省に匿名の投書があり、発覚した。

太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
調査捕鯨母船が帰港=南極海で妨害受ける(時事通信)
大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で−赤松農水相(時事通信)
参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
posted by ヒラサワ ナオト at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。