2010年02月19日

45歳エロ医師“本番”拒否のデリヘル譲を日本刀で脅す(スポーツ報知)

 福岡県警久留米署は17日、デリバリーヘルス(無店舗型性風俗店)で呼んだ女性を日本刀で脅したとして、暴力行為法違反容疑で熊本県阿蘇市内の病院に勤務する医師・田代祐士容疑者(45)を逮捕した。田代容疑者は、禁止されている性行為を試みたが、女性に断られたことに激怒。日本刀を抜いて「なめるな」などと脅かした疑い。容疑については「脅すつもりはなかった」と否認している。

 ヤラせてくれないデリヘル嬢に逆ギレした医師が、日本刀を片手に暴走した。

 逮捕容疑は17日午前0時40分ごろ、久留米市内のデリバリーヘルスを通じて自宅に呼んだ女性・専門学校生(25)に、サービス内容が違うとして逆上。酒に酔っていた田代容疑者は、禁止されている“本番行為”に及ぼうとしたが、女性に拒否され「話が違う。最後までやらせてくれるんじゃないのか」と憤慨し、同室に飾ってあった刃渡り72センチの日本刀を振りかざし「オレを誰と思っているのか。なめるなよ」などと脅した疑い。

 女性はあわててその場から立ち去り、連絡を受けた同店スタッフが110番通報。同5時半ごろ、女性とともに捜査員が自宅に駆けつけ、逮捕した。同署によると、田代容疑者は「(日本刀の)さやを抜いたのは観賞するため。脅すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 同署によると、田代容疑者は日本刀などを集めるのが趣味で、室内に日本刀3本、なぎなた1本を収集していた。刀の所持については、京都府の教育委員会の許可を得ていたため、銃刀法違反には当たらない。
熊本から“出張” 勤務していた病院によると、田代容疑者は総合診療科の医師で、17日も通常通り勤務予定だった。久留米市の自宅から阿蘇市まで車で2時間以上かかり、週末だけ帰宅していたが、16日は平日にもかかわらず自宅へ。病院関係者は「びっくりした。こちら(阿蘇市)にいると思った」と話し、田代容疑者が日本刀を収集していたことも知らなかった。

 事件を受け、同病院のホームページでは「医師紹介」で田代容疑者の名前を削除。病院側は懲戒免職も視野に検討しているという。

 久留米市内の別のデリバリーヘルス店によると、通常はホテルなどに呼ぶケースが多いが、近年の不況を受け、自宅への派遣を行う店舗が急増。現地に送迎後にスタッフが待機はするものの、密室で男女が2人となる状況での安全性の確保については頭を悩ませている。


 【関連記事】
福岡県警 性風俗店 暴力行為法 を調べる

<著作権代行会社>訴訟あっせんで報酬か 非弁活動容疑(毎日新聞)
協会けんぽの後期高齢者医療費「肩代わり」案 健保連が反対行動(産経新聞)
輸入ワクチンの安全性調査=国立病院機構の600人接種(時事通信)
<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)
沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
posted by ヒラサワ ナオト at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<糖尿病>働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象(毎日新聞)

 働き盛りのサラリーマンの糖尿病対策の実態を調べるため、独立行政法人「労働者健康福祉機構」が国内企業を対象とした初の調査を実施する。糖尿病患者の多くは、30〜40代で血糖値が上昇し、発症するとされる。しかし、働いている人は仕事が忙しいなどで、治療の継続が難しく悪化させがちだ。同機構は、働く糖尿病患者・予備群の治療や勤務の実態を明らかにし、就労と治療の両立を実現する職場ガイドライン作成を目指す。

 調査では、糖尿病の治療や予防対策が必要な社員数、治療実績や検査値の推移の把握状況、勤務形態などを尋ねる。来月下旬ごろから東証、大証、名証の1、2部上場企業約5000社に調査票を配布、続いて中小企業約1万社にも広げる。

 軽い糖尿病や予備群は自覚症状がなく、治療の継続が難しい。一方、多くの企業は、健康診断で異常値が見つかっても受診を促すだけで、通院状況や血糖値の推移までは把握していないという。

 調査の計画に携わった堀田饒(にぎし)・中部労災病院長は「調査で実態を把握し、治療と仕事が両立できる職場環境づくりを提言したい」と話す。【永山悦子】

 ◇国内の糖尿病患者

 07年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、患者は約890万人、血糖値が異常値ではないものの正常値を上回る予備群が約1320万人となり、患者と予備群で計約2210万人、10年前の1.6倍に達した。

【関連ニュース】
<写真特集>世界糖尿病デー 各地でブルーライトアップ
<特集>糖尿病講座
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
メタボ健診:腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で

人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査(産経新聞)
北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
<姫路独協大>法科大学院の合格者ゼロ…来年度入試(毎日新聞)
アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい−東京・練馬(時事通信)
普天間問題再び迷走 国民新党と社民党が対立(J-CASTニュース)
posted by ヒラサワ ナオト at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。